Hammond New B-3 私設カタログ

 

Leslie 122XB

 

特徴


 レスリー・スピーカーシステムは、オルガンの音に空間的な広がりを持たせ、ビブラートをつけて厚みを増すために、開発されたアンプ内蔵のスピーカ・システムです。 人気のあるレスリースピーカは、高音用と低音用の二つのスピーカを持っていて、それぞれのスピーカーに回転するロータがつながれています。もちろん、122XBもこの方式を採用しています。(レスリースピーカの仕組みなどの詳細については、こちらをご覧下さい。)

ウォームな音を持った真空管パワーアンプ方式です。

New B-3にベストマッチングするように、高品質なコンデンサを使用しています。

New B-3と接続した場合には、FAST、SLOW、STOPの三段階に切り替えることができます。
 

ちょっと一言

ビンテージ122で使われていたアルニコ・マグネットのJensen トレブル・コンプレッション・ドライバV-21の出すマイルドな音のファンも多いと思います。しかし、このドライバは現在では製造されていません。ビンテージ 122の音を再現するために高品質なコンデンサを使用しています。基本設計自体は大きな違いはありません。

New B-3の発売に合わせて122Jというタイプのレスリーが発売されましたが、これは旧122 XBのコンデンサを高品質なものに変えたものです。しかし、122 XBも同じ部品を使用するように仕様変更されたため、122Jと同じものになりました。現在は、122XBだけが販売されているようです。

 

仕様

仕様 (鈴木楽器のカタログから引用しています。)
端子 11PIN
スピーカー ホーンローター+トレブルドライバー、ロワーロータ+38cmウーファ
コントロール スピードコントロール(スロー、ファスト)
出力 40W 真空管アンプ
寸法 幅72×奥行40×高さ102cm
重量 70kg
COPYRIGHT (C) 2002 TAKAGI-AN. ALL RIGHTS RESERVED.