Hammond New B-3 私設カタログ

 

ビブラート・コーラス

 

特徴

一番左のVOLUMEと書かれたロッカースイッチ以外の、二つのスイッチと丸いノブでビブラートとコーラスの設定をします。

ビブラートとコーラスは、上鍵盤、下鍵盤それぞれに独立してかけることができます。

左から二つ目と三つ目のロッカースイッチで上鍵盤、下鍵盤にビブラートまたはコーラスをかけるかを指定します。SWELLは上鍵盤、GREATは下鍵盤を意味し、対応するスイッチをON側に倒すと、それぞれの鍵盤 の音にビブラートやコーラスがかかります。

丸いノブは、ビブラートとコーラスの選択と、それぞれの効果の深さを指定します。Vはビブラート、Cはコーラスを表し、1、2、3と数字が大きくなるにしたがってかかり具合が深くなります。

上鍵盤にコーラス、下鍵盤にビブラートというように、上鍵盤と下鍵盤に異なった効果を指定することはできません。

 

ちょっと一言

昔のオルガンでは、その構造上の理由から、音の強弱を変化させるトレモロがよく使われていました。

ビブラートは、原音の音程を微妙に上下させた効果をいいます。オルガンの音を豊かにすると同時ノ深みを与えます。

コーラスは、ビブラートの音(原音とは位相が異なる)とほぼ原音とをミキシングした合唱効果をいいます。それぞれの音が響きあうような効果を得られます。

一番左のロッカースイッチは、New B-3全体のボリュームスイッチです。通常は上に倒したNORMALの位置で使いますが、小さな音量で弾くときに、SOFT側に倒します。SOFT側に倒すと、小さな音量でもエクスプレッションペダルのストロークをフルに使 って演奏することができます。

 
COPYRIGHT (C) 2002 TAKAGI-AN. ALL RIGHTS RESERVED.